ホーム > メルボルンの天気・気候

メルボルンの天気や気温の特徴は1日に4つの季節があると言われるほど天気がコロコロ変わります。 朝はすごく暑いのに夕方には大雨、こういった天気がよくあります。 旅行に行かれる方は薄着と厚着の両方を用意したほうが良いです。

南半球に位置するので日本とは季節が逆です。 ただ夏だから暑い、冬だから寒いと思うのは大間違い。夏は暑いときは40度、寒い時は20度を切ることもあります。ですので夏にメルボルンに来る方は薄い長袖を一枚予備として持ってきたほうが良いかも。

もう一つ注意したいのが紫外線。メルボルンは紫外線が強いので、日焼け止めは常に持ち歩きましょう。冬も紫外線が強いので要注意。

メルボルンの年間の天気

1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
平均最高気温(℃)
25.9
25.8
23.9
20.3
16.7
14.1
13.5
15.0
17.3
19.7
22.0
24.2
平均最低気温(℃)
14.3
14.6
13.3
10.8
8.7
6.9
6.0
6.7
8.0
9.6
11.2
13.0
観測最高気温(℃)
45.6
46.4
41.7
34.9
28.7
22.4
23.3
26.5
31.4
36.9
40.9
43.7
観測最低気温(℃)
14.6
14.7
12.0
8.9
8.3
5.3
4.4
6.7
8.3
9.0
11.0
10.4
平均降水量(mm)
47.2
48.1
50.3
57.5
56.0
49.7
47.6
50.2
58.2
66.3
60.5
59.2
平均降雨日
8.2
7.4
9.4
11.7
14.6
15.4
16.1
16.1
14.8
14.1
11.7
10.4
春

春(9月ー11月)

春の始めは寒く、冬と同じく暖房機なしで過ごすのが大変な日々が多いです。10月は雨の降る量が年内で一番多いので傘やレインコートを持ち歩いたほうが良いです。11月頃からポカポカと温かくなってきます。朝晩は10度ぐらいまで下がります。この時期、メルボルンは花粉がひどいので花粉症に悩まされる方は対策が必要です。

おすすめの服装

薄着+厚着

薄着と厚着と両方用意するのをおススメ。暑い日もあれば寒い日もあります。朝晩は10度ぐらいまで気温が下がりますので、温かい服装があったほうが良いです。
夏

夏(12月ー2月)

40度越えの日々があったりと、メルボルンの夏はとても暑いイメージがありますが、実は平均気温は24-26度とあまり高くないのです。暑い日々が3日続いて、その後、20度の雨・涼しい日々が一週間続いたりと天気の変化がとても激しいです。40度越えの日はとても蒸し暑く、サウナにいるような感覚になりるので水分補給はこまめに行いましょう。

おすすめの服装

夏服をメインに

夏は暑い日が多いので薄着で良いと思いますが、涼しい日が数日続いたりと油断はできません。長袖を少し持っていったほうが良いでしょう。
秋

秋(3月ー5月)

秋は良い天気の日が多いですが、涼しい日が多い季節です。3月はまだ暑さが残りますが、4月から徐々に涼しくなっていきます。5月は冬の始まりのように最低気温が10度以下と、寒く感じます。日本と同じように秋は紅葉のシーズンで、ボタニックガーデンなどはとても美しい紅葉の鮮やかな色を楽しめます。朝晩は冷え込むのでジャケットがあると安心

おすすめの服装

薄着+厚着

薄着と厚着と両方用意するのをおススメ。春と同様に暑い日もあれば寒い日もあります。
冬

冬(6月ー8月)

冬は最低気温5-6度とかなり寒くなり、暖房機なしで暮らすのは大変です。雨の日も多く、寒さで霧が発生する日もあり、朝出かけようとしたら周りが真っ白という時もあります。街から数時間ドライブするとスキー場があり、ウィンタースポーツを楽しむ事ができます。空気がとても乾燥しているので乾燥肌にも要注意。

おすすめの服装

寒いので防寒着

寒いので冬着、そしてマフラーや手袋、ニット帽などが必要です。